葬儀
2020/01/09
一日葬と直葬
一日葬と直葬


最近では葬式を行う際にかかる費用や身体的な負担を減らすために、家族だけで小規模に行う葬儀を選ぶ方が増えてきているようです。
簡略化した葬儀は大きく分けて3つあり、「家族葬」「一日葬」「直葬・火葬式」があります。
その中でも前回は「家族葬」について書きましたが、今回は「一日葬」と「直葬・火葬式」について書いていこうと思います。


一日葬と直葬


一日葬

葬儀は本来お通夜と告別式を2日かけて行いますが、一日葬はお通夜を省いて告別式と火葬を1日で行う葬儀の事を言います。
一日葬はお通夜を行わないだけで、告別式と火葬の方法は一般的な葬儀と違いはありません。
参列者は家族のみの場合や親戚や故人の親しい友人が参列する場合、会社関係の人にも参列してもらう場合があります。参列者の人数や葬儀の規模にかかわらず一日で告別式と火葬を行う葬儀を一日葬といいます。
葬儀を簡略化して金銭的・身体的な負担を減らしつつも、告別式を行う事で故人とのお別れの時間も取れるのが特徴です。

一日葬について詳しくはこちら


一日葬と直葬


直葬・火葬式

直葬はお通夜や告別式は行わずに、ご逝去後に火葬のみを行う葬儀の事を言います。このことから火葬式とも呼ばれています。
直葬の場合、参列者は親族や故人と親しい友人など限られた方のみで行う場合が多いようです。
近年では核家族化が進み、家族関係やご近所との付き合い方など大きく変わってきました。
地域にもよるとは思いますが、特に都心部では葬儀を簡略化したいという考えも増えてきているため、直葬を選ばれる方も多くなってきているようです。

直葬・火葬式について詳しくはこちら

Written by  

ご葬儀に関するご相談・お問い合わせはこちらで承ります。

TEL:0120-30-1812