空輸搬送サービス/空輸での搬送を検討している方/空路と陸路の違い/搬送の流れ

現在の状況のお知らせ >>対応中!

0120-28-8318

ご依頼は必ずお電話から
お願いします。

空輸搬送サービス

空輸での搬送をご検討の方はこちらのページをご覧ください。

羽田空港への搬送を行っております。
輸送距離によっては、空路が適しております。

ご遺体の搬送には陸路と空路という選択肢がございます。どちらにしようか迷われている場合は、搬送距離を1つの判断基準としてください。搬送距離が500kmを超えると、空輸の方が割安になる場合があります。都内近郊から地方へ空輸するとしたら、20万円前後で済むケースもございます。故人様の体重や身長によっては、通常よりも大きなサイズのお棺となる場合もありますが、ドライアイスなどの諸経費を加えても、陸路よりは割安となるケースがほとんどです。
弊社では、羽田空港への搬送及び空輸のための準備(ご遺体の空輸手続き、納棺など)を行っております。また、お見積もりのみのご相談も承っておりますので、ぜひご活用ください。

※空輸搬送は納棺が必須です。
※状況によっては、羽田空港以外の空港をご案内する場合があります。

よくあるケース

遠方のため、少しでも早く故人を帰らせてあげたい。
葬儀の日程が決まっているため、空輸で搬送したい。
離島のため、空輸で搬送したい。
海外で亡くなったため、空港から自宅まで搬送してほしい。
予算の都合で、車ではなく空輸での搬送をお願いしたい。

空路と陸路の違いとは?

空路での搬送
各種手続き
  • ●死亡診断書の原本または、そのコピー1枚が必要となります。
  • ●航空会社の予約、そして到着空港からご遺体を搬送する葬儀社の手配が必要となります。
料金 出発空港までの搬送費、航空運賃、到着空港から安置所までの搬送費が発生いたします。
陸路での搬送
各種手続き 死亡診断書の原本または、そのコピー1枚が必要となります。
料金 定額プランのため、料金を抑えることが可能です。
※搬送車両はETC割引の対象です。
※遠方の場合は空輸の方が割安となる可能性がありますので、お見積もりをご依頼ください。
  空路での搬送 陸路での搬送
各種手続き
  • ●死亡診断書の原本または、そのコピー1枚が必要となります。
  • ●航空会社の予約、そして到着空港からご遺体を搬送する葬儀社の手配が必要となります。
死亡診断書の原本または、そのコピー1枚が必要となります。
料金 出発空港までの搬送費、航空運賃、到着空港から安置所までの搬送費が発生いたします。 事前に調べた最短ルートで搬送するため、料金を抑えることが可能です。
※搬送車両はETC割引の対象です。
※遠方の場合は空輸の方が割安となる可能性がありますので、お見積もりをご依頼ください。

搬送の流れ

【[空路での搬送] 病院・施設(出発日まで:ご予約いたします。※納棺をします)安置所にて防腐処理後に納棺→必要書類一式準備→空港貨物カウンターにて出発手続→出発空港→到着空港→現地の葬儀社:事前に弊社から連絡してスムーズに引き継ぎます。→到着場所】【[陸路での搬送] 病院・施設(参考所要時間:東京>札幌市…23時間・東京>大阪…6時間・東京>福岡…13時間)→到着場所】
飛行機で搬送する際の注意点
  • 空路を利用する場合、ご遺体は防腐処理などを行った上で納棺することになります。
  • 各航空会社の規約により、お棺は蓋が開いてしまわないよう紐などで縛る必要がございます。
  • 空港到着後にご遺体を搬送する業者をあらかじめ手配しておかなくてはなりません。
定額プラン

地域ごとの料金を
定額プランでご案内いたします。

詳しく見る
主なサービス

弊社のご遺体搬送サービスを
ご紹介いたします。

詳しく見る
ご確認事項

搬送前に必ずご確認ください。
死亡診断書など重要事項に
ついてご紹介いたします。

詳しく見る
お客様の声

「ご遺体搬送のアイム」を実際に
ご利用いただいたお客様の声を
ご紹介いたします。

詳しく見る

ご連絡は24時間365日、深夜でも丁寧に対応いたします。

ご依頼の方はお電話でのご連絡をお願いします。

※ご相談・お見積もりをご希望の方は、お電話や問い合わせフォームからご連絡ください。

ご依頼の方はお電話でのご連絡をお願いします。※ご相談・お見積もりをご希望の方は、お電話や問い合わせフォームからご連絡ください。

24時間365対応中!

0120-28-8318